ヒントン・バトルのアメリカン・バラエティ・バン!

キャスト&スタッフ

キャスト / Cast

ヒントン・バトル

振付・演出・脚本・主演ヒントン・バトル

役者・ダンサー・振付家。西ドイツ生まれ。ワシントンDC、ニューヨーク育ち。9歳よりバレーを学ぶ。1975年、『ザ・ウィズ』の案山子役でブロードウェイ・デビュー。『ソフィスティケイテッド・レディ』(1981)、『タップ・ダンス・キッド』(1984)、『ミス・サイゴン』(1991)でトニー賞助演男優賞受賞。アフリカ系アメリカ人として初めて3度のトニー賞に輝く。ほかに『ダンシン』(1978)、『ドリーム・ガールズ』(1982)、『シカゴ』(1997)、『ラグタイム』(1998)などに出演。映画『アイドルワイルド』(2006)の振付も担当。


Director, Choreographer, Stage Writer, PerformerHinton Battle

Actor, Dancer, Choreographer. Born in West Germany. Grew up in Washington DC and New York. Began learning ballet at the age of nine. Made his debut in Broadway in 1975 as a scarecrow in “The Wiz”. Won Tony Awards for Best Supporting Actor in “Sophisticated Lady” (1981), “The Tap Dance Kid” (1984), and “Miss Saigon” (1991). He stands out as the first African American to ever have received three Tony Awards. Also appeared in “Dancin’” (1978), “Dreamgirls” (1982), “Chicago” (1997), and “Ragtime” (1998). Also was in charge of choreography for the film “Idlewild” (2006).


HIDEBOH/ヒデボー

客演HIDEBOH緊急出演決定

映画『座頭市』の出演・振付を担当した日本のタップダンス界の第一人者。6歳よりタップダンスを始め、22歳で渡米。タップダンス界のトップスターであるグレゴリー・ハインズの師匠であるヘンリー・ルタンに師事する。帰国後自らのスタイルである、音楽性の高いリズムタップを基調とし、パフォーミング性を高めたオリジナルスタイル「Funk-a-Step」 を確立。


special guest HIDEBOH

Japan’s number one man in tap dancing. In charge of casting and choreography for the film “Zatoichi”. Began tap dancing at the age of 6, and visited America at the age of 22. Studied under Henry LeTang, the same man who taught Gregory Hines, one of the top stars in the world of tap dancing. Created “Funk-a-Step”, his own original style with a focus performance. Based it on a rhythm tap with great musicality.


Shane Michael Donovanシンガーシェーン・ドノヴァン / Shane Donovan
映画主演や国内ツアー、地方劇場でのメインキャストとしての出演など、活動は多岐に渡る。歌唱力、演技力には確かな定評があり、アメリカ英語の様々な地方訛りを駆使できる。ボートやサッカー、フットボール、野球をこよなく愛する、スポーツマンでもある。米国内ツアーの『南太平洋』(ケーブル役)、『シンデレラ・ロック』(プリンス・チャーミング役)、『ホワイト・クリスマス』(ボブ・ワーレス役)、『ミス・サイゴン』等多数。

Angela Wildflowerシンガーアンジェラ・ワイルドフラワー / Angela Wildflower
ニューヨーク、ロサンゼルスを拠点に活躍するミュージックアーティスト兼女優。国内ツアー等で数多くのミュージカルの主役を務め一方、現在は2人組ミュージックデュオFELLOW REBELとして活躍し、デビュー曲はLA WEEKLYの主催する音楽賞にノミネート。そのパワフルなボーカルとたしかな演技力が魅力。『ベニス』(パブリク劇場)『アベニューQ』(3D劇場)『オール・シュック・アップ』のロレイン役(3D劇場)等に出演。

HIDEBOH/ヒデボーダンサーチャールズ・エスピノ―ザ / Charles L. Espinoza
ブラジル系ゆえのダンスの魅力は南米系とストリート・ダンスの理想的な融合。
ステージだけでなく、ミュージック・ビデオやテレビ出演等、ダンス力は多方面で高い評価を得ている。
『PHUONG VY』(TV)『PARALELO』『SYBARITE NY 2013』 (振付も) 等に出演。

Kevin Glasfordダンサーケヴィン・グラスフォード / Kevin C. Glasford
TVやミュージック・ビデオ、ダンス・コンサートで活躍。特にストリート系のヒップホップ、コンテンポラリー・ジャズ等が得意。現在、世界で話題の全身蛍光ライトで暗闇パフォーマンスを披露するオフブロードウェイのショー『Iluminate: Artist of Light』 でも活躍。『New York Knicks Poetry』(舞台=スラム・ダンサー)、『ジェリー・スプリンガー・トゥデイ』(TV)等に出演。

Martina Heimannダンサーマルティナ・“アンドロイド”・ヘイマン / Martina "Android" Heimann
バレエ、モダン・ダンス、ジャズ・ダンスを8年間ドイツのドレスデンで学ぶ。アメリカ移動後はジャスティン・ティンバーレイクの受賞ミュージック・ビデオへの出演を初め、TV・CM・広告出演も多い。ポッピン、フレクシング、エクスペリメンタルと数々のダンス・バトルで優勝。『Madonna “Material Girl” Macy’s』『Susan Justice, Greenhouse, Le Poison Rouge a.m.』『HUE, a prism unleashed (ME) 』等に出演。

Zach Hudsonダンサーザック・ハドソン / Zach Hudson
舞台、テレビ、ミュージック・ビデオ等で活躍。最近は振付助手として、ブロードウェイ・ダンス・センター等で若きダンサー達を指導。『PULSE PROTÉGÉ GALA』『HUE- A PRISIM UNLEAS HED』『CARNIVAL LA & NY 』『RHAPSODY JAMES' SIRENS』等多数に出演。

Josh Johnsonダンサージョッシュ・ジョンソン / Josh Johnson
ジェニファ・ロペスのバック・ダンサーとして活躍した経験も持つ。肉体的なダンスを武器に数々のダンス・コンサートに出演。演技・歌にも定評。空手有帯者で、水泳・陸上競技などスポーツ万能でありながら、バリトン・ホルンを演奏。『ジェニファ・ロペスat the Mohegan Sun』『ブリトニー・スピアーズ・サブミッションズ』『ファッション・ウィーク2012』等に出演。

Muata Langleyダンサームアータ・ラングレイ / Muata Langley
ライブ・パフォーマンスや舞台、ミュージック・ビデオやCMでも活躍。ヒップホップ、ストリート、ジャズ、コンテンポラリーにブレイク・ダンス、アクロバットにクランプまでこなす。ブラジル格闘技のカポエイラにも精通。詩の創作など文学的面もある。『Holler If You Hear Me (workshop)』『R.E.D :Human Metabolism』『Lil Kim Concert Gramercy Theater 2013』『America's Got Talent』等に出演。。

Arianna Rosarioダンサーアリアナ・ロザリオ / Arianna Rosario
国内ツアーでのソリストの経験豊富。澄んだ美しいソプラノは聴く者を魅了。若さあふれる魅力的なダンスはラテン系の血を受け継ぐゆえ。最近では10ヶ月に渡る『ウェストサイド物語』の全国ツアーの中心メンバーとして活躍。『クリスマスキャロルのローズマリー』等に出演。

Ashtain Fallon Rothchildダンサーアシュトン・ファロン・ロスチャイルド / Ashtain Fallon Rothchild
容姿を生かしたダイナミックなダンス力を武器に数々のダンス・コンサートやTVに出演。またモデルとしても、雑誌やCMポスターでの露出も多い。テネシー州出身。『ブロードウェイ・オン・ブロードウェイ』『サイレン・アフター・ダーク,ダンス・アウト・ラウド』等に出演。

Mark Stuartダンサーマーク・スチュアート / Mark Stuart
近年高い評価を得るマーク・スチュアート・ダンスシアター代表。振付とパフォーマンスは、ブロードウェイ、映画、CM、ミュージック・ビデオ、リンカーン・センター公演と多方面で評価。振付で3度受賞している。ブロードウェイ・ミュージカル「スウィング!」でも日本の観客を魅了。『Women on the Verge』『Queen of the Stardust Ballroom』(振付助手)、『Chance and Chemistry』等。

Jaime Verazinダンサージェイミ・リン・ヴェレイジン / Jaime Lynn Verazin
ダンサー・イリュージョニスト団体MOMIXで国際的ダンサーとしてスタート。卓越したダンス力でメトロポリタン・オペラなど出演。世界的な演出家ロベール・ルパージュ氏の『テンペスト』でソリストとして活躍。シャドー・ダンス、空中技やペア・アクロバットなど、あらゆる肉体表現をする。現在、マーク・スチュアート・ダンスシアターでディレクターも務める。『ドン・ジョバンニ』『アイーダ』等多数出演。

Karen Callaway Williamダンサーカレン・カラウェイ・ウィリアムズ / Karen Callaway Williams
国内だけでなく中国やヨーロッパ・ツアー等幅広く活動。エネルギッシュで卓越したダンス力でステージ以外もTV等の映像で活躍。特にタップダンサーとしての実力は世界的クラス。『リバーダンスon ブロードウェイ』(リード・ダンサー)『Play On』『Tap Giants』(メイン・タップ・ダンサー&シンガー)等。

Monica Woodsダンサーモニカ・ウッズ / Monica Woods
最近ニューヨークへ活動の場を移したばかり。卓越したダンス力は、今回のオーディションでヒントンの目に止まり大抜擢。夢多き将来を嘱望される魅力溢れるダンサー。イリノイ州出身。『Tracy Inman atアポロシアター』『Second Nature』『Strapped』等アイレイ・シティーグループ・シアターの出演が多い。


Monica Woodsバラエティアクトスティーブ・マーシャル / Steve Marshall
東京を拠点に、欧米からアジアまでと世界中で活躍するマジシャン。8歳でマジックを始め、サーカスのツアーやカレッジなどで修業した後、ニューヨークに渡り、コメディクラブやストリートを舞台に、パフォーマンスの極意を学んだ。その後、ウォルトディズニーカンパニーのために尽力し、カリフォルニア、フロリダ、東京のディズニーパークで数々のマジックショーを披露した。東京に移住後は、マジシャンとしてだけではなく、テレビCMなどでタレントとしても活躍している



※ディージェイ・ケイエス360は諸般の事情により、出演がなくなりました。



ドラムス&リーダーリー・ピアソン / Lee Pearson
1981年1月4日、メリーランド生まれ。ボルチモアのハイ・スクールから、マンハッタン音楽院を卒業した新進気鋭のドラマー。デューク・エリントン楽団やロイ・エアーズ・バンドの一員としてツアーに参加し、ミュージシャンとしての技量の研鑽を重ねる。現在はニューヨークを中心に活躍中である。サックスのケニー・ギャレット・グループに在籍したこともあるが、そのスピード感あふれるシャープなプレイで注目を集めている。また、ハンク・ジョーンズ率いるザ・グレイト・ジャズ・トリオのドラマーとして幾度となく来日して、日本にも多くのファンがいる。つい最近では、歌手ロバータ・フラックの音楽監督としてオーケストラのアレンジやコンダクターとしても、その音楽的才能を発揮している注目すべき存在となっている。

ギターサミール・エルマダオイ / Samir Elmehdaoui
サミアは最近、あらゆる音楽ジャンルに於いて、めきめき頭角を現してきている存在である。メイシー・グレイ、ナタリー・コール、ロニー・リストン・スミスなどとツアーし話題になる。特に、ナタリーのツアー中ジョン・パティトゥッチ、ルイス・ナッシュや幾多の俊英シンフォニー・オーケストラ・メンバーと出会い、ナット・キング・コールのジャズ・スタンダード曲で腕を磨いた。ノース・シーをはじめ各地のジャズ・フェスティヴァルでも脚光を浴び、グッド・モーニング・アメリカなどのTV 番組にも出演している。また、ゴスペル・ミュージシャンとも交流があり、幅広い音楽活動をしている。

ピアノ&キーボードテラン・ブリュワー / Terrahn Brewer
ボルチモア育ちで大変才能に恵まれたピアニストであり、アレンジャーでもある。彼もまたリー・ピアソンと同じマンハッタン音楽院を優秀な成績で卒業し、偉大なジャッキー・バイアードに師事し多くを学んだ。マーヴィン・サップやシャーリー・シーザーなどにも作曲と編曲を提供している。また、妻と共にAMODミュージックを経営し、映画音楽や多くのアーティストをプロデュースしている。

ベースロメール・メンデス / Romeir Mendez
メリーランド州ボルチモア出身のロメールは14才の時、ベースを弾き始める。幼い頃より、いつも音楽に親しみ高校2年生の時アップ・ライト・ベースに挑戦、チャールズ・ファンのもとでベース・プレイを研鑽し、16才でプロ・デビューを果たす。その後、コロンビア地区の大学に進み、スティーヴ・ナヴァサルやアリン・ジョンソンに師事。また、かのフランク・フォスターやドナルド・ハリソン達とツアーをして音楽的キャリアを積んでいる俊英ベーシスト。

トランペット&フリューゲルホーンセルジョン・アレン / Theljon Allen
1982年メリーランド州ボルチモアの生まれ。12才でトランペットを吹き始める。その後、ボルチモア・アート・スクールに通い、ランダルスタウン高校を卒業。大学卒業後はサイラス・チェスナットやロニー・リストン・スミス、ジル・スコット、ロドニー・ジャーキンスと共演する。また、ジャネット・ジャクソンやドゥービー・パウエルのレコーディングにも参加。つい最近、デビューCD「ユニヴァーサル・ランゲージ」を発表している。


スタッフ / Staff

脚本ラリー・ビルマン

脚本家・演出家。ハリウッド生まれ。16歳でパフォーマーとしてデビュー。数々の作品に出演後、脚本家・演出家に転身するために、パフォーマンスを断念。ウォルト・ディズニーのエンタテインメント部門のスタッフとして、250以上のショーやイベントを手がける。1980年から3年間は、東京ディズニーランドのエンタテインメント・ディレクターとして東京に居住。


ScriptLarry Billman

Stage Writer , Director. Born in Hollywood. Debuted as a performer at age 16. After appearing in many works, he quit as a performer to begin as a director and a stage writer. Has worked on over 250 shows and events as a member of Walt Disney’s Entertainment Department. Starting in 1980, he lived in Tokyo for three years working as Tokyo Disneyland’s Entertainment Director.


エグゼクティブ・プロデューサー髙平哲郎

演出家・作家・編集者。広告代理店、雑誌「宝島」編集部を経て独立。ステージ・ショーや芝居の演出、テレビ番組の構成、レコード・プロデュース、インタビュー、翻訳、エッセイ、書籍や雑誌の編集など多彩な仕事を手がけている。エンタテインメント・ショーの日本の第一人者。


Executive ProducerTetsuo Takahira

Director, Writer, Editor. Established himself by working at an advertising agency, and in the editorial department of the magazine “Takarajima”. Has worked in a variety of positions, including director of stage shows and plays, creator of television programs, record producer, and editor of interviews, translations, essays, documents and magazines. Japan’s number one man in entertainment shows.